沖縄の女子中学3年生が韓国人グループに襲われた「沖縄女子中学生強姦殺人事件」の wiki が何者かに削除される


「沖縄女子中学生強姦殺人事件」とは

沖縄県名護市で発生した在日韓国人2名による女子中学3年生・拉致・監禁・強姦・窃盗・殺人事件  / 1996年6月21日.



<事件発生>

沖縄県名護市の農道で、二人組の男(柳末盛、Uとする)がワゴン車から降り、女子中学3年生に道を尋ねるふりをしながら車内に拉致監禁、国頭村の路上で被害者を強姦し、財布から200円を窃盗。少女の手足を押さえつけ顔を石で多数殴打した後絞殺。遺体をガードレール下の崖下に投げ落とした。

二人は沖縄県内で逃走を続けたが、ワゴン車の発見のニュースをきっかけに別行動をとった。

1996年12月 - 犯人である柳末盛は九州から中国地方を転々とするが、車輌窃盗で指名手配されたことを知り、故郷の種子島で出頭。

1997年1月1日 - 柳末盛の自供で被害者の白骨遺体が発見される。歯は半分以上折れ、鼻骨・頬骨が粉砕されていた。

1997年1月12日 - 犯人Uが逮捕される。

1998年3月17日 - 那覇地裁の一審判決で無期懲役の判決(求刑、死刑)。検察側は控訴。

1999年9月30日 - 福岡高裁那覇支部の二審判決でも無期懲役の判決。裁判長は判決において「(死刑にならなかったのは)被害者は一人」である事を理由に挙げた。

検察側は上告を断念し、判決確定。




当時の新聞記事
沖縄女子中学生強姦殺人事件



尚、この「沖縄女子中学生強姦殺人事件」は、「生野区連続通り魔事件 (犯人:在日韓国人)」に続き、wikipediaは削除された
(うるま市で発生した米兵の事件はwikipediaに存在する)




(以下は生野区の事件) 韓国人の容疑者 「日本人なら何人でも殺そうと思った」



韓国にとって特に都合の悪いニュースはwikipediaからほぼ消えている


(関連) 韓国人による日本人女性に対する強姦事件が多発したため雑誌で特集が組まれる